梅花のいろとかたち

Umehaha の手仕事と好きなものブログ

info: お知らせ > OFUSEはじめました。

スワロフスキービーズの実物見本を作る - 形&サイズ編

スワロフスキービーズの実物見本

ついこの間まで実物色見本を作っていましたが、色見本を作ったら形見本もいるよね?ってことで、簡易的なものですが作りました。

梅花が使いやすいと思っている形とサイズに限っているので、種類はそう多くなくサイズも全てではないです。
ビーズタイプの5000番台とペンダントタイプの6000番台がメインです。色は基本のクリスタル(無色透明)で統一しました。

ビーズタイプ 5000番台

クリスタルの真ん中にワンホール(一穴)あいてるビーズタイプ。糸に繋げて通したりTピンを使ったりします。

#5000

サッカーボールみたいなラウンドカットビーズです。サイズも豊富で番オーソドックスで使いやすいビーズかもです。写真は3、4、5、6、8、10mm。2mmがあるようなので入手しようと思います!
#5000

#5301→5328

スワロビーズといえばコレ!ソロバン型。その名の通りそろばんの玉に形状が似ているから。テグス編みで作るマスコットやチャームが流行し、かつては一番の売れ筋であり最もカラーが豊富でした。
#5301

#5601、5040

こちらも昔からあるカットビーズ。キューブ(立方体)とボタンカット(楕円)。私はこのボタンビーズが好き。
#5601

#5040

#5020

個人的に5000番台で一番好きなのが、この5020。丸でも四角でもなく、少しひねりが入っていてシャープなカットが入っています。
一緒に写っている5139と5520は今はもうないみたいですね。
#5020

2024.3.3 追記
5000の2mm5003の6mmです。2mmはほんとうに小さくて、3mmの半分ぐらいの感じです。超高級シードビーズみたい。5003は透明なミラーボール笑。5000よりカット面が多く、より球体のビーズ。
5000、5003

ペンダントタイプ 6000番台

クリスタルの上部にホールがあるタイプ。ペンダントトップ型のため、末端にぶら下げる形で使用することが多いです。

#6200→6428、6401

6200も昔からあるカットですね。現在はブラッシュアップされて6428となっているようです。
この円形とハート型(6202→6228)とフラワー型(3700)の三大ファンシークリスタルはよく見ましたけど、上手く使いこなせず難しい。6401(写真右端)は八角形にカットされています。
#6200、6401

#6007、6010

ドロップ型です。このドロップがクリスタルっぽさを一番感じられるんじゃないかと思っています。
6010はボタンカットとならんで好きなカットです。そのため、6000を買ってなかったみたい笑。6007が6000に似てるんですがサイズ展開が違っていて、6000や6010にはない小さなサイズなんです。
それに、6000の形状はチェコビーズのほうが圧倒的に美しかったので、そっちを買っていたのもあります。
#6007、6010

下の画像がチェコビーズのドロップビーズ。形が美しいです…
チェコビーズ ドロップ

#6012、6100、6020

6012はブリオレットカットで、珍しく横に穴をあけてあるクリスタルです。
6100はこれも昔からあるペンダントらしいペンダント型。シャンデリアタイプの8000番台のクリスタルによく似ているんですが、8000番台と違うのは、その大きさと重量です。シャンデリア用クリスタルはさすがの存在感です笑。今はサンキャッチャーなどに使われていますね。
6020は最近のお気に入り。5520と一緒で、ひねりとシャープなカットがとても好みです。
#6012、6100、6020

#6430、6436

6430、6436両方共にとても繊細なカットで、小さくても輝きのあるクリスタルです。6436は今シーズンお目見えしたばっかりのエリプティック(elliptic=楕円形)カットです。

クリスタルの型番で、キリのいい番号ほど古くからあるデザインのクリスタルなんですね。5000、6200、5301、5040、こういった番号は歴史が長いです。逆に6436のような番号は新しくデザインされたもの。時代と共にカットが刷新されて番号が変更になったデザインもあります。面白いですよね!
#6430、6436

#4130、8503

番外として珍しいものを。4000番台には珍しい台座を必要としない4130。リングに紐をそのまま通したりパーツとして使ったり面白いアイテムです。
8530がシャンデリアパーツのちっちゃいバージョン? 10mmほどですがとってもカットが綺麗です。もう今はないみたいですね。
#4130、8503

2024.3.3 追記
6120(オーバル)と6210(ラウンド)は、フラットなガラスの縁を斜めにカットしてあります。腕時計のベゼルのようです。
6120、6210

6015と6670はラフカットっぽい見た目。天然石風ですね。
6015、6670

6438は6430と同じく新しいカット。カットが細かいのでサイズが小さくても輝きがすごい。6106はブリオレットカットのペンダント。16mmと大きくも小さくもないので使いやすいです。
6438、6106

気になるお値段、値上がり推移

最後にちょっと気になるクリスタルのお値段の話。
実物見本を作っていて、古いものから新しいものまで全部一緒くたに広げていて気がついてしまったこと… 世の中の値上げラッシュにげんなりしてるところ、クリスタルビーズもやはり無縁ではありませんでした。

たまたま同じ型番、同じサイズのパッケージが3つ。比べてみたところ…
5601の4mm4個入りで、古い順に160円→190円→230円 となり、一粒あたり、40円→48円→58円という結果に(金額は税抜きです)。

一番古いのでおそらく10年くらい前のもの(もっと前かも…)としても、結構値上がりしてました。
特に貴和クリスタルに切り替わってから価格が跳ね上がった感じはあります。4mmソロバン型も入数が30粒→20粒に変わりましたし。

それでも、こんな小さなガラスに惹きつけられるんです!好きなものはどうしようもないんです笑。

クリスタルビーズ見本

 

umehanablog.com

umehanablog.com