梅花のいろとかたち

Umehaha の手仕事と好きなものブログ

info: お知らせ > OFUSEはじめました。

鉱石風ヘアクリップが作れるレジンスターターキット [レジンラボ]

Resin Lab スターターキット

梅花が持っているレジンは、どこのメーカーなのかよくわからないノーブランドのものとハンディライト。最近主流なものはどんななんだろうと興味が湧いて、レジンラボ(清原)のレジンを使ってみようと決めた。なぜなら見た目が好みだったから笑。

レジン液は結構いいお値段がする。なんとなしにショップを見ていると、スターターキットなるものを発見!
専用のランプもついていて、スティックやトレーも付いている。ヘアクリップが一個作れる仕様になっていて実用性もあるなぁ、と色々揃えるのが面倒な梅花はコレを即決。

Resin Lab スターターキット

スターターキットの名の通り、すぐに始められるアイテムが入っています。
レジン液、ランプ、モールド、着色料、トレー2個、スティック2本、ヘアクリップ金具とメタルパーツ、説明書、パンフレット。
Resin Lab スターターキット

さっそく説明書の通りにレジン液を作り、流し込んで硬化。表から2分、裏から2分でよいとのこと。このランプの偉いところは外箱が囲いになるところ! 周りに置いたレジンが硬化しないような配慮が嬉しい。

梅花がすでに持っていた同タイプのライトに比べると光が強い気がします。ボタン1回で1分、3回押しで連続照射という設計です。

まるでアメジストのような

照射が終わったので取り出すと…う、美しい。ちょっと衝撃でした。今までのレジンはなんだったのか。ベタつきもなく、透明感と光沢が全然違う! こんなにも進化していたのですね…
Resin Lab スターターキット 鉱石風

Resin Lab スターターキット 鉱石風

紫の方が強かったみたいで、ブルーがあまり感じられない出来上がりとなりました。アメジスト風とでもしておきましょうか。
ヘアクリップに留めて完成です。
Resin Lab スターターキット 鉱石風ヘアクリップ

 

残ったレジン液を渦型シリコンモールドに流し込む

そして、液を作りすぎたのか結構余ってしまいました(特にパープル)。なので先日手に入れた「渦」モールドに入れてみました。
Resin Lab スターターキット 渦

同じく余ったメタルパーツも乗っけて。うん、前回より溝も綺麗に出ています。けれど、気泡の問題は爪楊枝では解決しませんでした笑。
あと、エッジや側面はサンドペーパーを使う必要ありそうです。どこかにあったかな…

渦というより雪か椿?

実はこのシリコン型、ハーバリウムキットを買った時に一緒に購入したもの。
「自然のイメージをかたちにしたレジン用シリコン型」シリーズの一つで「渦」という名前が付いています。1作品作ることができるキットで、鉱石ヘアクリップの前に作っていました。
渦 レジン用シリコン型

説明書通りに作ってみると予想以上に難しかったです。
持っていたレジンは粘度があるので型の溝のすみずみまで綺麗に流し込めていなくて、型から外すと斜面の平面が平面でなくエッジも甘く…

「渦」に見えなくもないけれど、出来上がったイメージをみると雪のイメージ。あるいは椿を抽象化した感じ。赤いレジンで作ったら絶対に椿に見えると思う。

見本ではレジンの下にチェーンをつないでドロップビーズを吊り下げることになっていたけど、丸カンCカンの太さにどう考えてもチェーンが細すぎて入らず諦める。直接ドロップビーズをつないで完了としました。
渦 レジン用シリコン型

ちっとも満足いく出来にならなかったので、今回のレジンラボさんのレジン液で試してみました。それでもまだまだですね。難しい型です!

umehanablog.com

umehanablog.com