梅花の手仕事と蒐集したものたち

梅花-Umehaha-のハンドメイドと好きなものブログ

ディップアートレジンで作る紫陽花(アジサイ)

Hydrangea made with dip art resin

 

ブログ仲間のけむ子さんの影響で私もレジンをやってみたくなりました!どんなものを作ろうと色々みていたら、面白そうなものを発見。

LEDディップアートレジンで作るフラワーアクセサリー」というものです。むかーしアメリカンフラワーをちょこっとやったことがあるので、再挑戦です!

ディップフラワー(アメリカンフラワー)

ディップフラワーまたはアメリカンフラワーといいいます。なぜ ”アメリカン” なのかはよくわかりませんが、結構昔からあったクラフトです。

ワイヤーで形作ったフレームを専用の液に ”ディップ” して膜を張って固めます。ガラスのような花が出来上がるというわけです。dipには「浸す」「漬ける」という意味があって言葉そのままの技法だと思います!

「レジン」が登場したことによって、ディップ液がレジン液になったんですね。その前にも「マニキュアフラワー」として登場しましたが、刷毛で膜を張るのは難しいですし、レジンの方が強度があるのでアクセサリーとしてレジンに置き換わるのは必然だったかもしれません。

 LEDディップアートレジンで作るフラワーアクセサリー

LEDディップアートレジンで作るフラワーアクセサリーセット

青い小花のピアスが作れるようになっています。
ディップアートのテキスト、小花ピアスの作り方、ディップレジン液、ワイヤー、着色料、ゲージスティック、金具がセットに。

ディップレジンフラワー 透明

ゲージスティックにワイヤーを巻いて、花びらのフレームを作ります。そのフレームをディップレジン液に浸し膜を張って硬化させたところです。ワイヤーの捻りが下手なのでこれは練習が必要ですね…

ディップアートレジン 着色

着色料を混ぜたレジンをのせて硬化しました。セットになっていた着色料はツユクサ色でした。少しずつ色をのせ、ちょっと立体感を出します。

LEDディップアートレジンで作るフラワーアクセサリー 完成

さらに色をのせて硬化し、パーツをつけて完成です!
レジンをのっけていくのは楽しかったんですが、ワイヤーの扱いに不慣れなため苦戦しました。アメリカンフラワーはもっとサイズが大きかったですからね…

今回はセットになっていた専用のレジン液を使いましたが、他のレジン液でもできるんだろうか。ワイヤーいっぱい余ったので今度実験してみようと思います。

紫陽花(アジサイ)

今回作ったピアス、見本では5弁のドロップ型の花びらだったんですが、4弁の丸型に変更しました。着色料が青ですし、今の季節はアジサイが見頃ですからね。

綺麗に咲いていたアジサイを撮りましたのでご覧ください!

アジサイ 白

白がとてもさわやかです。咲き始めはほのかなグリーンなんです。こんな風に。

アジサイ 咲き始め

で、最後にまたグリーンになります。

こちらは青いアジサイの咲き始め。

アジサイ 青

色の変化を長く楽しめるのがアジサイのいいところですね。

<今回作ったディップアートレジンのセット>