梅花のいろとかたち

Umehaha の手仕事と好きなものブログ

info:ブログ更新情報はThreads(@umehana2022)でお知らせします

意外と種類が少ないグリーン系のスワロフスキービーズ 

グリーン系スワロフスキービーズ 色見本

グリーン系をまとめていて思ったのは、意外にバリエーションが少ないなということ。緑という大きな括りのわりに似通った色も多いし廃番も多い(というかほとんど廃番…)。今現在入手できるグリーンの種類はあまりない状態ですね。
廃番のカラーもちょっとくすんだ色や鈍い色味のものが多く、鮮やかなグリーン系のガラスって作るのが難しいのかな??とも思ったり。
青緑系の色をブルーのグループに入れてしまったのもあるんですが、もうちょっと緑よりのブルーグリーンがあってもいいのかなとも思います。

スワロフスキー社が撤退し、貴和クリスタルとして発売された最初の色がこのグリーン系でした。

今回はグリーンということで、ツリーに仕立てて撮影しています。ツリーはこちらのアクセサリースタンドを使用しています。


【公式】インブルーム アクセサリースタンド ツリーLサイズ(真鍮風) /inbloom :500works. 楽天市場店

色名と由来

グリーン系スワロフスキービーズ 色見本

  • クリソライト Chrysolithe 廃番
    [鉱物] クリソライトって一体なんの鉱物なの!?と最初からつまづく。検索すると、かんらん石の一種というのもあったけどなんか違う。かたっぱしから図鑑を読むと一冊にこんな記述がありました。
    18~19世紀のポルトガルでは淡黄色のクリソベリルが多く用いられ、クリソライトと称された。
    これが一番しっくりくる。クリソベリル(chrysoberyl)はギリシャ語でgold(金)を意味する chrysós  が語源となっていることですし。和名では金緑石と呼ぶ、淡い黄緑〜蜂蜜色のとっても美しい宝石で、大好きな石です!
    →さらに調べると、ペリドットを含む淡いグリーンの石をまとめてクリソライトと呼んでいた説もあり。だからペリドットの別名とか出てきたのか!おおざっぱすぎる笑。
  •  ペリドット Peridot
     [鉱物] 宝石のペリドット。和名は橄欖(かんらん)石。厳密に言うと鉱物名は 苦土橄欖石、olivine(オリビン)で、オリーブが語源となっています。まさしくオリーブ色の宝石です。
  • エリナイト Erinite
    [鉱物] エリナイト…?と思って検索かけたら天然の鉱物ではありませんでした。合成スピネルで薄荷色のものをそう呼んでいるみたいです。

クリソライトオパール、クリソライト、ペリドット、エリナイト

左からクリソライトオパール、クリソライト、ペリドット、エリナイト
  • エメラルド Emerald
    [鉱物] 宝石のエメラルド。緑色の宝石の代表です。
  • ライトエメラルド Light emerald 廃番
    [鉱物] 鉱物としては存在しない名前です。エメラルド色の明るいものの意。
  • ミディアムエメラルド Medium emerald 廃番
    [鉱物] こちらも鉱物名ではありません。ミディアムは「中間、中庸」という意味がありますので、明るくも暗くもない中間のエメラルド色かと。こうなると、もしかしたら “ダークエメラルド” があったのかも…? これぞ “グリーン” というような濃く美しい緑色。

ライトエメラルド、エメラルド、ミディアムエメラルド

ライトエメラルド、エメラルド、ミディアムエメラルド 青みがかったグリーンの中でミディアムエメラルドのみ強いグリーン
  • トルマリン Tourmaline 廃番
    [鉱物] 宝石のトルマリン。なのだけど、なんでこんな暗い緑色。いや、あってるんですよ。宝石になれないトルマリンとしてはこんな感じ。宝石になるトルマリンは固有名を持ってますから。インディゴライト、ルベライト、カナリー、パライバなど。
  • グリーントルマリン Green tourmaline 廃番
    [鉱物] さらに謎なのが、似たような色のクリスタルにまたトルマリンの名を付けてる…それも地味めなグリーントルマリン…

パレスグリーンオパール、グリーントルマリン、トルマリン、モリオン

パレスグリーンオパール、グリーントルマリン、トルマリン、モリオン
  • オリーブ Olive 廃番
    [植物] おそらくオリーブの実の色から(葉の色かもしれない)。オリーブは西洋では古くから人とともにあった植物。ノアの箱舟にも登場する。
  • ライトオリーブ Light olive 廃番
    [植物] 上記のオリーブよりも明るい色。
  • カーキ Khaki 廃番
    [人文] インド駐留のイギリス軍の軍服の色を現地の言葉で名付けたのが由来らしいです。カーキはヒンズー語で「塵、埃のような」という意味らしく。迷彩色に使われるのも納得ですね。

シトラスグリーン、ライトオリーブ、オリーブ、カーキ

シトラスグリーン、ライトオリーブ、オリーブ、カーキ
  • モリオン Morion 廃番
    [鉱物] 黒い水晶のことをそう呼ぶけれども、煙水晶の濃いものが多い気がする。スワロフスキーのモリオンはブラウンでなくグリーン寄り。
  • ファーングリーン Fern green 2011-SS
    [植物] Fern は羊歯(シダ)のこと。
  • ダークモスグリーン Dark moss green 2014-AW 廃番
    [植物] モスグリーンの濃い色ということかな。モスは苔。

ファーングリーンとダークモスグリーン

ファーングリーン(左)とダークモスグリーン(右)シダとコケ!
  • シトラスグリーン Citrus green 2023-SS 貴和クリスタル
    [植物] シトラス=柑橘類。この色から想像する柑橘は、ライム、青レモン、すだち、かな。
    貴和クリスタル記念すべき1色目です。製造元が『D. スワロフスキー Distribution GmbH』となっています。卸売の有限責任会社?
  • マジェスティックグリーン Majestic Green 2024-AW
    [人文] マジェスティックブルーとこのグリーン。強くて鮮やかなイメージからいくと、Majestic は「壮麗な」という意味でいいような気がする。

エメラルド、マジェスティックグリーン、ミディアムエメラルド、ファーングリーン

左から、エメラルド、マジェスティックグリーン、ミディアムエメラルド、ファーングリーン
  • パレスグリーンオパール Palace green opal 廃番
    [地名] パレスグリーンは、イギリスのダラムの中心部にある芝生のエリアで、ダラム大聖堂とダラム城に隣接しています。(Wikipediaより)
    歴史ある建造物の数々とグリーンの芝が美しい、さすが英国です。
  • クリソライトオパール Chrysolite opal 2012-SS 廃番
    [鉱物] これも「クリソライト」の乳白バージョンという意味かと。
    このカラーのシマーエフェクトはすごく綺麗ですよ!

クリソライトオパールシマー2X

クリソライトオパールシマー2X

※2023年10月現在、貴和製作所の商品ページに掲載のないものは廃番としています。

グリーン系スワロフスキービーズとビーズデコ

やっぱり明るいグリーンの種類が少なくてさびしいですね…ハッとするような色味のクリスタルが増えてくれるといいな。

珍しい!レアカラーのクリスタルビーズ

ファーングリーン/トパーズブレンド Fern green/Topaz blend 2013-SS 廃番
ファーングリーとトパーズの2色がブレンドされたクリスタル。
ファーングリーントパーズブレンド

カンタロープ Cantaloupe 廃番
[植物] マスクメロンのこと。
なんと、カラーチェンジのスワロフスキー! 光源をいろいろ変えて撮影してみました(白熱球なんて久しぶりに買った…)。外皮の色と内側の色のイメージでマスクメロンなのかもしれない。

通常の室内
通常の室内

太陽の光
太陽光

LED
LED

白熱球
白熱球

蛍光灯
蛍光灯

いろいろな光源が混ざってるところでは、グレーだったりピンクだったりあいまいなんですが、蛍光灯のみだと劇的に色が変化して面白いです!

umehanablog.com

umehanablog.com