梅花のいろとかたち

Umehaha の手仕事と好きなものブログ

info: お知らせ > OFUSEはじめました。

クリア・白・黒・グレーのカラーサンプルとコーティングの種類 [スワロフスキー]

基本となるモノトーンベースのクリスタルです。色数はそれほど多くないのですが、クリスタルにコーティングを施したものが大量にあります。まずはノーマルカラーを。そのあとコーティング別に見ていくことにします。

ノーマルカラー(コーティングなし)

スワロフスキーソロバン型の色見本 グレー系

基本のノーマルカラーのクリスタルです。コーティングのないものの中からクリア(無色透明)、オパール、グレー、ブラックのバリエーション。だいぶ廃盤になってしまってますね…

色名と由来

  • クリスタル Crystal
    [鉱物] ”Crystal”には「結晶、水晶、クリスタルグラス」と色々意味がありますが、「無色透明の水晶」を選びたいと思います!
  • ホワイトオパール White opal
    [鉱物] 地色が白いオパール。というより、半透明の乳白タイプのクリスタルは ”オパール” がつけられています。
  • ホワイトアラバスター White alabaster 廃番
    [鉱物] 雪花石膏のこと。石膏(Gypsum)の中でも粒子が細かく白いため彫刻や彫像に使われてきた。
  • チョークホワイト Chalk white 廃番
    [鉱物] 白亜のこと。正確には岩石、石灰岩の一種。柔らかく簡単に粉になります。
  • ブラックダイヤモンド Black diamond
    [鉱物] 実際のブラックダイヤは不透明の漆黒です。
  • シャドウクリスタル Shadow crystal 廃番
    [鉱物] 上の項目で「クリスタルは無色透明の水晶」と定義したのに色付きのクリスタルが! ライトグレーのクリスタルガラスにしておきます…
  • ジェット Jet
    [鉱物] 黒玉。モーニングジュエリー(喪服時に着用)に使われた歴史あるジェム。正確には鉱物ではなく植物由来で、樹木が長い年月をかけて変化したもの。
  • ライトグレーオパール Light gray opal 廃番
    [鉱物] グレーのコモンオパール。じゃなくて、単純にライトグレーの乳白色クリスタルかな。
  • グレージュ Greige 2010-AW
    [染色] フランス語由来の色名。未染色の毛織物の色味の中で灰色味の強いもの。
  • グラファイト Graphite 2017-SS 廃番
    [鉱物] 石墨。元素のC(炭素)でダイヤモンドと同じ。鉛筆の芯などの原料になります。

※2023年7月現在、貴和製作所の商品ページに掲載のないものは廃番としています。

ホワイトも透明度の異なる3種類があります。

ホワイト系3種

左から、ホワイトオパール、ホワイトアラバスター、チョークホワイト(チョークは完全な不透明)

コーティングの種類

ソロバン型のクリスタルビーズには、表面に様々なコーティングを施したものがあります。見る角度によって色を変える虹色加工をしたもの、うっすらと別の色を被せたり光沢を加えたもの、金属の輝きをのせたもの。様々な効果がありバリエーション豊かすぎです!

偏光

オーロラ(AB)コーティング Aurora(AB) Coating

AB” は”Aurora Borealis” の頭文字で、「北極光」「オーロラ」を意味しています。
クリスタルの表面に虹色に輝くコーティング(真空蒸着)を施したもの。クリスチャン・ディオールとのコラボとして開発されたとのことです。*1

基本はクリスタルの1/8面にコーティングされていますが、「2X」というクリスタルの全面にコーティングを施したものがあり、かなり派手です笑。
ABコーティング

下の2枚の画像は、左側に通常のABコーティング、右側がAB2Xの全面フルコートのものです。全然印象が違います。

ホワイトオパールのABとAB2X

ホワイトオパールのABとAB2X

ジェットのABとAB2X

ジェットのABとAB2X

AB2Xでより顕著なのが、地色が白いとオレンジ系で、地色が黒ければ黒いほどブルー系の色味になるのが面白いです。

AB2Xコーティング

左から、ホワイトアラバスター、クリスタル、シャドウクリスタル、ブラックダイヤモンド、ジェット
シマー エフェクト Shimmer Effect

オーロラ(AB)コーティングに似ていて新しいコーティングに「シマー」があります。コーティングではなく「シマーエフェクト」と呼んでいますね。
『ベースの色が透ける薄さの偏光エフェクト』と説明にあります。
虹色の色変化が控えめになって、より透明感のあるコーティングです。地色を打ち消すことなく明るい印象に仕上がってます。

クリスタルAB クリスタルシマー

クリスタルAB(左)、クリスタルシマー(右)

クリスタルAB2X クリスタルシマー2X

クリスタルAB2X(左)、クリスタルシマー2X(右)

光沢

サテン コーティング Satine Coating

クリスタルの表面に金属的な輝きを放つようにコーティングを施したもの。落ち着きのある色合い。
サテン コーティング

クリスタルの1/8面にメタリックグレーの金属的なコーディングが施されていて、コーティングの境界はあいまいです(エアブラシで吹き付けたような感じ)。ホワイトオパールでそのようすがよくわかります。

クリスタルサテン ホワイトオパールサテン

クリスタルサテン(左)、ホワイトオパールサテン(右)

ジェット(不透明の黒クリスタル)にサテンコーティングを施したものは「ヘマタイト」と呼び名が変わります。鉱物のヘマタイト(赤鉄鉱)に似てるからですね。

ヘマタイト ヘマタイト2X

ヘマタイト(左)、ヘマタイト2X(右)写真だと違いがわからない…
シェード コーティング Shade Coating

クリスタルに少しの色味と光沢を付け加えるコーティングがあります。それがシェード系のコーティング。

  • クリスタルシルバーシェード Crystal Silver shade
  • クリスタルブルーシェード Crystal Blue shade
  • クリスタルゴールデンシャドウ Crystal Golden shadow

ちなみに、日本語にすると「銀の陰」「青い陰」「金の影」ってところでしょうか。シェード=陰は『光が遮られることによって見えなくなった暗い部分』で、シャドウ=影は『光が遮られることによって生じるものの形や模様』とのことなので、前者は『木陰』とかで後者は『人の影』とかですかね笑。

シルバーシェード ゴールデンシャドウ

ブルーシェード(左)シルバーシェード(中)ゴールデンシャドウ(右)

ノーマルカラーのシャドウクリスタル(ライトグレー)に比べて、ブルーシェードとシルバーシェードのほうが輝きがあるのがわかります。(新作が出るとそれ以前の似たカラーは廃番へ…)

シャドウクリスタル シルバーシェード

シャドウクリスタル(左)ブルーシェード(中)シルバーシェード(右)
シャンパンコーティング Champagne Coating

昔あったコーティングで今はもう見かけない…
あまり光沢は感じないです。お酒のシャンパンのような淡いゴールドカラーがかぶせてあります。カラークリスタルにコーティングすると元より明るい色調になります。

クリスタルコーティング違い

同じクリスタルに異なるコーティングでこんなにも色味が違う。左から、クリスタル、シャンパン、ゴールデンシャドウ、サテン

金属

メタルコーティング

金属のようにみえるコーティングを施したクリスタル。光沢系のコーティングと違って、地色を完全に見えなくしてしまう鏡面加工。
コーティング部分はクリスタルの1/2面(上下に半分)で「2X」は全面コーティング。

シルバー系

シルバーコーティング

  • クリスタルCAL Crystal CAL(Comet argent light)
    読みは「クリスタルキャル」“銀色の彗星” という意味。コーティング面はシルバーで、加工されていない部分はシルバーグレーに見える。
  • クリスタルメタリックシルバー Crystal metallic silver 廃番
    ガンメタカラー。
  • クリスタルシルバーナイト Crystal silver night 2011-AW
    ガンメタのコーティング面が1/4(片面の半分)になっているクリスタル。ハーフコーティングのものより輝きに動きがあって綺麗。上下の向きを気にしなくていいのも良いです。サテンコーディングのメタルバージョンみたいな感じ。墨を流し込んだみたいで美しいクリスタル。
  • クリスタルライトクロム Crystal light chrome 2016-AW
    シルバーより暗く、ヘマタイトより明るい。輝きが強く、CALとメタリックシルバーのいいとこ取りしたようなコーティング。クロムは元素の一つ(Cr)で銀白色で光沢がある金属。

クリスタルシルバーナイト

クリスタルシルバーナイト
ブロンズ系
  • クリスタルドラド Cystal dorado
    ドラド はスペイン語で“黄金” の意味。クリスタルの表面に金色のコーティングを施したもの。ゴールドというよりブロンズカラーで、クリスタル部分はグレーに見える。
  • クリスタルメタリックライトゴールド Crystal metallic light gold 2010-AW
    2Xのみ。やっぱりゴールドというよりはブロンズカラーに見える…

ジェットドラドジェットナット
別物としてそれぞれ売られていた二つ。両者を見比べても違いはなく。
ジェットのときだけサテンコーティングをヘマタイトと呼ぶように、ドラドがナットになった説に一票。
金具のボルトとナットの「nut」なのか、木の実(ナッツ)の「nut」なのか悩みました。でも、ジェット(黒玉)が鉱物ではなく木の化石である褐炭の一種であることから ”木の実” が正解なんじゃないか説にさらに一票!笑。

ジェットナットとジェットヘマタイト

ジェットナット(左)とジェットヘマタイト(右)
ゴールド系

ゴールドコーティング

  • クリスタルオーラム Crystal aurum 廃番
    金色のコーティング。クリスタル部分はブラウンに見えます。aurum=金。元素記号Auは金ですから。
  • クリスタルローズゴールド Crystal rose gold
    ピンクゴールドのコーティング。クリスタル部分はグレーに見えます。(ブラックダイヤモンドにコーティングしたみたい)
  • クリスタルメタリックサンシャイン Crystal metallic sunshine
    オレンジ色がかったゴールドがコーティング。クリスタル部分はライトオレンジに見える。他のメタルコーティングと違い、透明感を感じる光沢があるので軽やか。太陽の光をイメージした輝きがとても綺麗。

メタリックサンシャインの1Xと2X

メタリックサンシャインの1Xと2X

メタルコーティングも時代とともに、色合いも輝きも奥行きのあるものになり、新しい洗練されたクリスタルになっています!

CAL、ドラド、オーラム

CAL、ドラド、オーラム。昔ながらのメタルコーティング

クロム、ライトゴールド、サンシャイン

クロム、ライトゴールド、サンシャインの新しいメタルコーティング

umehanablog.com

umehanablog.com

*1:雑誌「ビーズフレンド」の特別付録の冊子に記載