梅花の手仕事と蒐集したものたち

梅花-Umehaha-のハンドメイドと好きなものブログ

ウクライナの花 [手帳カバー]

Ukrainian flowers

ウクライナの花 手帳カバー

以前ブログアイコンにしていたこの画像、「ほぼ日手帳」のカバーなんです。2016年に手帳カバーのみ購入しました。手帳そのものは無印良品のものを入れて使用していて、ほぼ日手帳は使っていません。一目惚れ状態で買った記憶があります。

ウクライナの花(手帳カバー)

ウクライナの花 手帳カバー

世界の伝統柄シリーズのひとつで「ウクライナの花」という名前がついています。ほぼ日サイトの説明ページにはこうあります。 

ウクライナの民族衣装をうつくしく彩る刺繍をデザイナー・日下部昌子さんが 「ほぼ日手帳」用にアレンジ。モチーフとしてよくつかわれる花は、葉の重なりや花びらがきらめいて、立体的に見えるように刺繍しました。 

ウクライナの民族衣装をならって、バタフライストッパー*1には縞模様を、しおりにはタッセルを、カバーの生地にはリネンをチョイス。天然繊維の素朴な風合いをおたのしみください。

ウクライナの花

”ウクライナの民族衣装「ソロチカ」にほどこされる刺繍の花柄”

ウクライナの花モチーフ刺繍は、バラの花を赤やグレーの糸で刺したものが多いようですが、この手帳カバーでは濃紺とライムグリーンでキリッとした印象です。しっかりと密度のある刺繍で厚みがあります。

東ヨーロッパの刺繍

ウクライナをはじめ、ハンガリー、チェコ、スロバキア、ルーマニア、クロアチアといった東ヨーロッパの国々の刺繍は、美しい花柄がブラウスの袖や袖口、襟ぐりや裾をカラフルに彩っています。誠文堂新光社の「ヨーロッパのかわいい刺繍」にはそんな東欧の刺繍がたくさん掲載されています。

ヨーロッパのかわいい刺繍(誠文堂新光社)表紙

刺繍は見た目の華やかさの他に、生地の補強や防寒対策など機能的な役割があったりします。
また、民族衣装の多くはハレの日に着用するものが多く、収穫祭など豊穣への願いや、日々すこやかにすごせるようにと、昔からひと針ひと針願いを込めて刺していたのだと思います。

バタフライストッパーにあしらわれた模様は、民族衣装・ソロチカにあしらわれている刺繍柄。舟先が氷を割って進んでいくように、悪いものを割いて運を切り開くという意味が込められています。(ほぼ日サイト説明より)

厳しい状況が続くウクライナ、平穏な日々が訪れることを願ってやみません。

マップス 新・世界図絵(愛蔵版)

ほかにウクライナに関するものないかな…と大好きな絵本を引っ張り出す(画像は通常盤です)

マップス 世界図絵 表紙

愛蔵版にはウクライナの自然や文化を可愛らしい絵で紹介したページがあります。絵本なのに情報盛りだくさんで、見ていて飽きない。想像力で楽しむのもよし、さらに深く自分で調べていくのもまた楽しい。
アレクサンドラ・ミジェリンスカ&ダニエル・ミジェリンスキ 作。ポーランドの絵本作家さんの作品です。

豊かな文化は平和があってこそです。好きなものを作ったり、読んだり、見たり。それが当たり前にできることの有り難みを感じています。

<記事内で登場した本>

*1:ほぼ日のオリジナル手帳で、ペンをさすことで手帳が開かないようにしたペンホルダーのこと(糸井重里氏が命名)