梅花の手仕事と蒐集したものたち

梅花-Umehaha-のハンドメイドと好きなものブログ

小さなガラスのクリスマスツリー [HOLMEGAARD]

Small glass Christmas tree [HOLMEGAARD]

北欧デンマーク ホルムガードのガラスツリー

梅花は小さくクリスマスシーズンを楽しみます。
毎年小さなオブジェを卓上に飾るくらいなのですが、今年はオブジェが一つ新たに増えました。北欧デンマーク製ガラスのクリスマスツリーです。

ホルムガード HOLMEGAARD の小さいツリー

ホルムガード(HOLMEGAARD)はデンマークのメーカーで1825年創業という老舗です。

>HOLMEGAARD – 株式会社NOMAD

北欧デンマーク ホルムガードのガラスツリー

高さ10cmちょっとの小さなツリーです。三段の円錐形で、厚くしっかりとしたガラスの内側にカットが施されているため、綺麗に光を反射します。ゴールドの縁取りが相乗効果となって華やかさもあり、小さくても存在感があるんです。

長浜の黒壁

長浜黒壁 ガラスのトナカイとツリー

だいぶ前に滋賀県の近江へ旅行に行った時に買ったガラスのオブジェです。
ガラスのツリー&トナカイ、ミラートレイで、こちらも小さなガラス細工です。
長浜の黒壁スクエアにはガラス工房がいくつもあるんですね。たくさんのガラス製品の中から選んだのがこのツリーとトナカイ。どうしてだったのか今ではもう理由が自分でもわからない…

逆に今でも記憶に残っているのが、ビーズのブレスレット。とても綺麗で欲しかったけれど高くて買えなかった。いつか自分で作ってみようと思いながらもう何年も経ってしまっています。この記事を書きながら記憶を辿る。これを機に挑戦してみるかな。

あと、天然酵母の窯焼きパン美味しかったなあ! それから、せんねん灸のアンテナショップでアロマ灸買ったんだっけ(笑)

www.kurokabe.co.jp

北欧デンマーク、ヒュッゲ Hygge

ガラスのツリーの下に見えているのは、こちらも北欧フィンランドのデザイナーがデザインしたマルチクロスです。ちょうど二つとも北欧にゆかりがあるので、この冬は”ヒュッゲ(Hygge)”にすごすのが最適かもしれない。

ヒュッゲとは

北欧生まれの「心地いい」を大切にする暮らし方
(中略)
自分の好きなものに囲まれて過ごし、その時間を慈しむ暮らし方。
家の中で過ごすことを1日のせわしないルーティンのひとつとしてとらえるのでなく、その私的な、自分だけの時間を意識的に楽しむこと。
(抜粋)*1

ゆったりとした時間を持ち、自分がくつろげる、安心できる場所を作る。
日照時間が短い北欧ならではの知恵ですよね。心身ともにゆらぎ世代の梅花にはとても参考になる暮らしの知恵であり、取り入れていきたいと思っています!

ヒュッゲについて知った、参考にした本です。文化の違いや考え方の違いなどもあるでしょうし、自分に合った提案を取り入れるのが良いと思います。本文にあるように「〜するべき』「〜しないとダメ」というような完璧思考は”ヒュッゲ”では忘れましょう。

*1:Hygge 北欧生まれの「世界一幸せなライフスタイル」実践法