梅花のいろとかたち

Umehaha の手仕事と好きなものブログ

info:ブログ更新情報はThreads(@umehana2022)でお知らせします

白いガラスのビーズクロッシェネックレス [beads factory]

ビーズクロシェネックレス

ちょっとその前に…

ふと、広告の写真に目がいく。
クリスマスシーズンらしくツリーや木の実、ベルがディスプレイされたもの。その中で心を鷲掴みにしたアイテムがあった。

ディックブルーナ×ガラス。クリスタルガラス製のミッフィーちゃんである!

梅花はブルーナさんが好きで、ミッフィーももちろん好きだがブラックベアが好き。自覚はなかったがもしかしてクマ好きなのか…?(クマとウサギとネコが好きなんだね。リサとガスパールは好きだがキティちゃんはそうでもない。なぜだ。)

これは手に入れるべきでは?と思い、さっそく調べてみる。どうやら今年の夏頃にコラボレーション商品としてバカラ(フランス)から発売されたもの。価格をみると33,000円。やっぱりね。バカラのクリスタルガラスだものね。うん、やめておこう。ちなみに、目とお口のバッテンは純金製とのこと。

くさり編みで作るルーズロープネックレス [ホワイト]

それでは気を取り直しまして。今回はビーズクロシェのネックレスです。ビーズクロシェは最初のがま口財布(ポーチ)以来ですね!
夏頃にビーズファクトリーさんに登場したレシピです。

www.beadsfactory.co.jp

ガラスビーズを鎖(くさり)編み

まずは鎖編み部分を作ります。
ガラスビーズをネックレスボードに並べていきます。バランスを見ながらビーズを置いて形や大きさなどを調整します。ものすごーく年季の入ったボードでだいぶ変色してました。ここにきて出番があるとは思っていなかったので処分しなくてよかったです。
ネックレスデザインボード

編み糸に順番にビーズを通します。
ビーズクロッシェは編みこむビーズをあらかじめ全部糸に通しておく必要があります。編みこむ順番が決まっているならその通りに通さなくてはなりません…
ビーズを糸に通す

4号のレース針で鎖編みをしていきます。
ビーズひと粒を針に寄せてからくさりを1目編みます。この時しっかりと糸を引かないとゆるゆるになってしまいます。特に大きなビーズの場合は重みですぐにゆるむので注意です。
ビーズをくさり編み

編み終わりと編み始めの糸を使って、ボールチップで留めます。
梅花はこのボールチップが苦手。糸が伸びると隙間ができるし、チップそのものも大きめで金具部分が多くなるのが好きじゃない…

鎖編みって文字通り鎖のように目がまっすぐ並ぶんですが、大きさも形もランダムにビーズを編み込んでいくと、とても動きがでますね。面白いです。

ビーズクロシェ

crochet (クロッシェ、クロシェ、クロシェット)はフランス語でクロシェ編み、かぎ針編みを意味します。「鉤爪(かぎづめ)」という意味があるらしいので、針先の形が語源になっていそうです。また似ている単語の clocheは「釣鐘」の意味があって、Crochet Cloche =かぎ針編みのニット帽子(つり鐘型)になる笑。

ナイロンコートワイヤーに惚れる

ボールチップ好きじゃないのに多用レシピだったりする笑。次はクロシェ部分とネックレス金具をつなぐ部分を作ります。

初めて使うナイロンコートワイヤー。結論から言うと、大好き。ハリがあって強度がある。伸びないし始末が楽! ワイヤーと糸のいいとこ取りなんだなあ…(惚れ惚れ)
軽い素材には向かないと思いますが、重量のあるビーズには最適ですね、これ。
ボールチップ

ビーズを通して同じものを2本、メタルビーズでジョイントパーツを2個作ります。
ビーズパーツ2本

ジョイントパーツ2個

それぞれのパーツをつなげて完成です。
本当に久しぶりにネックレスを作りました。金具や素材は進化していることを実感(もっと早く気付けよ!というツッコミはナシでお願いします)

今回、ナイロンコートワイヤー使いというスキルを習得したので、保留にしていたガラスパールのネックレスに取りかかります!

ビーズクロシェネックレス

umehanablog.com